ニュース・トピックス

2020年10月23日

共同購入トラクター第2弾発売!~取扱い講習会を行いました

10月20日、県内JAの農機担当者を対象に、共同購入トラクター『SL33L』(製造元:株式会社クボタ)の取扱い講習会が開催されました。

JA全農は、平成30年から実施している大型トラクターの共同購入に続く第2弾として中型トラクターの販売を12月から開始する予定です。

  

おおむね1日無給油での作業を可能とする燃料タンクを備えていることや、ノークラッチ変速によりきめ細かい作業ができるなど、生産現場の要望に応える仕様になっています。

  

共同購入トラクターの目標台数は、3か年で全国2,000台(秋田県目標70台)で、各JA農機担当と協力して生産者へ提案、購入推進を実施していきます。

  

この取扱い講習会では、生産者への提案活動をよりスムーズに行うため、クボタの担当者がトラクターの概要説明を行いました。また、実際に試乗しながら、参加者は仕様を確かめながら熱心に受講しました。

JAグループの組織力を活かし、広く生産者に共同購入を呼びかけ、事前申込で積上げた台数を背景にJA全農が大量・一括購入することで、生産者へより安く供給することを目指します。

❚ 全農秋田県本部 自己改革の取り組み

  

・令和2年7月21日 水稲多収品種「ゆみあずさ」栽培講習会

・令和2年7月27日・31日 ドローン肥料散布実演会を実施

・令和2年7月10日 自動草刈り機を実演~JA秋田ふるさと管内にて初開催

・令和2年1月15~16日 第21回「りんご冬期講座」を開催

・令和元年12月2~3日 令和元年度施肥防除合理化展示圃場試験成績検討会

・令和元年7月29日 水稲多収性品種「ゆみあずさ」現地研修会

・平成31年2月19日 キャベツ収穫機をレンタル~農業者の所得増大と農業生産の拡大へ

・平成31年2月8日 平成30年度水稲多収穫栽培実証試験圃実績検討会

・平成30年11月13日 水田利用による加工・業務用野菜栽培取組産地での現地検討会

・平成30年9月6日 県南園芸センター 椎茸選果ラインを増設

・平成30年8月28~29日 共同購入トラクター取扱い講習会を開催

・平成30年8月20日 ナイルワークス社ドローン 農薬散布試験を実施

・平成30年7月10~11日 JA生産資材担当常勤役員会議

・平成30年6月15日 水稲多収性品種『ゆみあずさ』現地研修会

・平成30年5月21日 全農の自己改革実践に係る取り組みについて

・平成30年2月7日 水稲多収穫栽培実証試験圃実績検討会

・平成30年1月13~14日 輸出拡大に向けて~マレーシアで秋田米PR~

・平成29年11月21日 生産コスト低減の取り組み進捗状況を報告・協議しました

・平成29年11月6日 肥料・農薬 直行配送開始~生産コスト低減の取り組み~

・平成29年7月13日 水稲収穫量の改善に向けた取り組み~簡易法による圃場生育調査~