ニュース・トピックス

2019年02月21日

秋田県農協青年部協議会とのJA経済事業に関する懇談会

秋田県農業協同組合青年部協議会とJA秋田中央会、JA全農あきたの関係者約30人が出席し2月15日、「JA経済事業に関する懇談会」が開催されました。

JA全農あきたの杉山昌史県本部長は「生産者のみなさんのプラスとなる事業をいろいろと提示していくのでぜひ活用してほしい。みなさんからもいろいろ提案していただき可能な限り前にすすんでいくような仕事をしていきたい」とあいさつしました。

懇談会では、営農支援部・米穀部・園芸畜産部・生産資材部の各部門が全農の自己改革に向けた取り組みを報告しました。
参加した青年部協議会の委員からは「全農としてJAの営農指導員への支援・教育についてどのような対応をしているのか」「TPPやEPAなどにより米穀の販売・流通にどのような影響があるのか教えてほしい」「全農の事業について詳しく知る機会を設けてほしい」などの質問や意見がありました。