ニュース・トピックス

2018年09月11日

県南園芸センター 椎茸選果ラインを増設

JA全農あきた県南園芸センターの椎茸選果ラインが増設され、9月6日、竣工式が行われました。
県南園芸センターは、横手市をはじめ湯沢市の生産者200人が栽培する椎茸を集荷・選果し首都圏などへ出荷しています。

平成12年の椎茸選果開始時は250トンの取扱量でしたが、平成29年度は、1200トン、販売額15億6千万円と順調な伸びとなっており、今後ますますの増産が見込まれる椎茸の選果に対応するため、完全密閉型による椎茸選果ラインを整備しました。

  

全農あきたの船木耕太郎運営委員会会長は「管内で生産される椎茸の選果・販売を担う拠点として今後もさらに努力していきます」と話しました。

  

新たな選果ラインの導入で平成33年には販売量1650トン、販売額19億円を目指し、県と一丸となって進めている「しいたけ販売三冠王」獲得に向け取り組んでいきます。

全農秋田県本部 自己改革の取り組み