ニュース・トピックス

2018年02月16日

秋田県産農産物でブラウブリッツ秋田を応援!

JA全農あきたは、2018 明治安田生命J3リーグ開幕に向け、高知県などで二次キャンプを行うブラウブリッツ秋田へ「秋田県産あきたこまち」の精米600kgと、県産りんごを使用した「“のむ”りんご」50ケースを贈呈しました。

杉山弘一監督に米俵を手渡しましたの内容を表示

杉山弘一監督に米俵を手渡しました

山田尚幸選手に花束を贈呈しましたの内容を表示

山田尚幸選手に花束を贈呈しました

贈呈式ではJA全農あきたの山田浩幹副本部長が「キャンプでは、お米をたくさん食べて一年間戦える体作りをして下さい。足りなければ、私が高知へ持って行きます」と激励し、杉山監督と山田選手に米俵とジュースを手渡しました。

山田選手は「高知に行っても食べ慣れたあきたこまちをいただけるのは心強い。いい練習、いい食事をしてひと回りもふた回りも大きくなって帰ってきたい」と抱負を述べました。

2018シーズンも勝利を重ね、J2昇格を果たせるよう、JA全農あきたはブラウブリッツ秋田を応援していきます。