ニュース・トピックス

2018年02月07日

平成29年JA農業機械パワーアップ運動成果発表大会 ~JA農業機械担当者を表彰~

製品成約受注部門 最優秀賞 細井辰己さん(JA秋田おばこ)の内容を表示

製品成約受注部門 最優秀賞 細井辰己さん(JA秋田おばこ)

修理整備料金部門 最優秀賞 三浦伸さん(JAこまち)の内容を表示

修理整備料金部門 最優秀賞 三浦伸さん(JAこまち)

秋田県JA農機技術指導員委員会(事務局 JA全農あきた)は、1月27日、秋田市で平成29年JA農業機械パワーアップ運動成果発表大会を開催し、JAや系統農機メーカーの担当者など約250人が参加しました。この大会は、農家訪問活動を積極的に展開し、農家組合員との絆を深め、優れた成果を収めたJA農機担当者を表彰し、栄誉を称えるため開催されており、今年で17回目となります。

表彰式では最優秀賞を受賞したJA秋田おばこの細井辰己さん、JAこまちの三浦伸さんをはじめ、各メーカー表彰や県本部表彰、農技委員会表彰など、延べ40人と11JAが表彰されたほか、長年の功績を称え、今年度末に退職される7人の担当者に功労賞が贈られました。

このほか、JAグループ自己改革をもとに進めている「JAグループ・生産資材価格引き下げの取り組み ―農機事業―」に関して、JA全農生産資材部 冨田次長が、農業をとりまく情勢や低価格モデル農機の共同購入について説明し、その後、秋田県JA農機技術指導員委員会の加藤委員長をはじめ委員全員が登壇し、JAグループ自己改革の決意表明を行いました。

表彰式終了後には、元プロ野球選手で、現在は「現場主義」をモットーに活躍されている、野球解説者の金村義明氏による「人生七転び八起き! 果報は動いて掴む! 野球人 金村義明!」と題した記念講演が行われました。