ニュース・トピックス

2018年02月01日

JA全農あきた精米センターが「精米HACCP」の認証を取得しました

JA全農あきた精米センターは、平成29年12月6日付けで、農林水産省、厚生労働省の指定認定機関である一般社団法人日本精米工業会から「精米HACCP」の事業所として認定を受けました。

農場から食卓までのフードチェーン全体を通じた食品の安全が求められているなか、安全なお米を食卓に届けるため、精米業界をあげて取り組んでいるのが「精米HACCP」です。

JA全農あきたは、今後も徹底した管理のもと、安全・安心で、高品質な製品を全国にお届けします。




≪精米HACCPとは≫
食品の安全確保の国際標準であるHACCP手法に基づき、精米工場において精米の安全を確保し、品質管理や衛生管理、汚染防除管理を行う総合工程管理の取り組みです。