ニュース・トピックス

2017年11月07日

第5回あきたこまちリレーマラソン

写真㊤「美人を育てる秋田米」チーム、㊦「JAタウンチーム」の内容を表示

写真㊤「美人を育てる秋田米」チーム、㊦「JAタウンチーム」

JAグループ秋田とJA全農あきたが特別協賛した「第5回あきたこまちリレーマラソン」が10月29日、秋田県立中央公園・陸上競技場で開催されました。今大会には、58チーム、約620人の選手が参加し、42.195キロを1チーム4~15名の選手でタスキをつなぎ、ゴールを目指しました。

JA全農あきたからは、「美人を育てる秋田米」と「JAタウン」の2チーム、30名の選手が参加し、「あきたこまち」をはじめとする秋田米や、全国に産地直送で旬をお届けする「JAタウン」をPRしました。降りしきる雨の中、各選手が力走した結果「美人を育てる秋田米」チームが22位、「JAタウン」チームが30位で、選手全員が笑顔でゴールしました。

会場では、大型スクリーンで秋田県産「あきたこまち」の新CMなどを放映したほか、ブースでは、「“もち”は走り続けるためのチカラになります」と焼き立てアツアツの「焼き餅」をふるまいました。また、参加者全員に新米「あきたこまち」のおにぎりを配布したほか、上位入賞者には秋田米を贈呈しました。

JA全農あきたは、今後もスポーツを通じた県産農産物のPR活動を積極的に展開していきます。