ニュース・トピックス

2013年01月16日

読売巨人軍に秋田米を贈呈

 1月10日、プロ野球読売巨人軍の原辰徳監督がJAビル(秋田市)を訪れ、JA全農あきたは、「あきたこまち天恵米」20俵(1,200kg)を贈呈しました。
 秋田米の贈呈は、原辰徳監督が毎年秋田を訪れ、厚生連病院や医療施設を慰問し、入院患者に夢や希望を与える活動を続けていることへの感謝の気持ちとして実施しているものです。
 読売巨人軍は昨シーズン、交流戦、公式戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズと5冠を達成しました。原監督が「来シーズンも秋田米を食べて頑張ります」と抱負を語ると、集まった職員から大きな拍手がおこりました。贈呈されたお米は2月1日のキャンプインにあわせて、キャンプ地の宮崎へ届けられる予定です。