ニュース・トピックス

2012年06月01日

あきたecoらいす応援イベント~「京急あきたフェア2012」キックオフイベント~

 秋田県とJA全農あきたが、京急グループと連携して今秋に開催する「京急あきたフェア2012」に先駆け、「あきたecoらいす応援イベント」が5月28日、北秋田市で開催されました。

今年で4回目の開催となったこのイベントには、京急グループの百貨店やスーパーで販売を担当している社員11人のほか、秋田北鷹高校の生徒13人も参加し、「あきたecoらいす」の田植え体験が行われました。
 今回参加した秋田北鷹高校の生徒も慣れない泥の感触に戸惑いながらも丁寧にあきたこまちの苗を植えていました。

 田植えに参加した京急グループの社員は「自分で田植えをしたお米は思い入れを持って販売できる」と話していました。

秋には、京急グループの社員と秋田北鷹高校の生徒が一緒に収穫を行い、「京急あきたフェア2012」で収穫した「あきたecoらいす」を販売、PRする予定です。
「あきたecoらいす」とは?

「あきたecoらいす」とは、農薬の使用をこれまでの半分以下に削減した米づくりで、環境にやさしいお米のことです。
(※JAS有機米・特別栽培米・JA秋田こだわり米など使用農薬を半分以上削減した環境にやさしい秋田米の総称です。)