イベント

2021年07月15日

秋田米新品種「サキホコレ」のパッケージデザイン発表!

秋田県は7月8日、令和4年秋に本格デビューする秋田米新品種「サキホコレ」のパッケージデザインを発表しました。

東京都で開催された発表会(左から/リモートで参加する佐竹敬久秋田県知事・横手市出身のタレント壇蜜さん・パッケージをデザインした原研哉さん)の内容を表示

東京都で開催された発表会(左から/リモートで参加する佐竹敬久秋田県知事・横手市出身のタレント壇蜜さん・パッケージをデザインした原研哉さん)

このデザインは、名称「サキホコレ」の文字を袋いっぱいに描き、「サキホコレ」に込められた産地の思いや誇り、そして秋田米の最上位品種の堂々とした風格を表現しています。

                           

秋田県庁からリモートで出席した佐竹敬久知事は「米の白さが表現されていて清楚な感じ。品格があり、目に焼き付く」と話しました。

「サキホコレは咲き誇れると思う」と語る壇蜜さんの内容を表示

「サキホコレは咲き誇れると思う」と語る壇蜜さん

秋田会場とリモートでつなぎましたの内容を表示

秋田会場とリモートでつなぎました

また、10日に秋田市で行われたパッケージデザイン周知イベントでは、秋田県が「サキホコレ」PRのために制作した「サキホコレ音頭」とともに、踊りも初披露されました。

サキホコレ音頭・振付動画はこちらから                              

                    

                                                  

「サキホコレ」は今年、先行作付けとして約80ヘクタールで栽培されています。秋にはこのパッケージでプレデビューする予定です!