イベント

2013年08月07日

「共にがんばろう東北 秋田県産農畜産物販売・PR活動」

 JA全農あきたは、竿燈まつり期間中の8月3日(土)から4日(日)の2日間、県内外の消費者に広く秋田県産農畜産物やJA加工品をPRするため、「共にがんばろう東北 秋田県産農畜産物販売・PR活動」を実施しました。

 たくさんの観光客などでにぎわった会場では、出荷量日本一を目指すえだまめや旬のスイカ、きゅうりなどの試食販売のほか、秋田県産米の販売を行いました。
 暑いなか、冷たいスイカや味噌をつけたきゅうりの試食は「冷たくておいしい」と好評で、たくさんの方が足を止めて味わっていました。

 このほか、JAあきた湖東の新商品「枝豆アイス」やJAあきた北央の「マルメロサイダー」、(株)秋田県食肉流通公社の「レトルトカレー」なども販売されました。
 
 また、JA秋田中央会がよい食プロジェクトの一環として行った「秋田県産ミニトマトすくい」は、真剣に挑戦する子供や、「大好きだからいっぱい食べたい」とすくったミニトマトを見て喜ぶ子供などで大人気でした。