イベント

2013年06月16日

第26回秋田県JA農業機械大展示会~はばたけ!秋田の農業!!~

                                 

                                       

  県内JAとJA全農あきたの主催で、6月12日から13日までの2日間、秋田市雄和のあきたスカイドームを会場に「秋田県JA農業機械大展示会」が開催されました。

  26回目の開催となった今年は「はばたけ!秋田の農業!!」をテーマに、未来へはばたく元気な農業を応援するため、一層充実した展示を行いました。

                                    

  晴天となった2日間の来場者は約4,000名、成約金額も計画を上回りました。

                                

                                     

                                      

                                          

   屋内会場では、農業機械の最新機種が一堂に展示されたほか、肥料や農薬、農産資材の展示をはじめ、営農や農業資金に関する相談コーナーも設置されました。

                      

  また、屋外会場では、トラクターや田植え機に乗ってもらうことで最新の装備や機能を体感してもらう「体感試乗コーナー」も設けられ、関心を集めていました。

                                                                            

 

 会場内では、JA全農あきた展として「JAタウン」の紹介や「あきたこまち」市場デビュー30周年に向けた取り組み、お米の加工品の紹介などのほか、「目指せ!えだまめ日本一!」のブースも設置し、相談コーナーや関連機械等の展示を行いました。

 そのほか、将来の担い手に最新の農業機械、農業技術をみてもらおうと、フロンティア農業研修生(県農業試験場研修生)と金足農業高校の生徒を招待し、講演会も行いました。