イベント

2013年06月04日

あきたecoらいす応援イベント~「京急あきたフェア2013」キックオフイベント~

 秋田県とJA全農あきたが、京急グループと連携して今秋に開催する「京急あきたフェア2013」に先駆け、「あきたecoらいす応援イベント」が5月27日、北秋田市で開催されました。

 「京急あきたフェア」の取り組みは、日本の食料自給率向上のため優れた取り組みを表彰する「フード・アクション・ニッポン アワード2012」で、「食べて応援しよう!賞」を受賞しています。

                                                

 今年で5回目となるこのイベントには、就業体験として京急グループ社員13名のほか、秋田北鷹高校の生徒21人も参加し、「あきたecoらいす」の田植えを行いました。参加者は裸足で田んぼに入り、地元農家の指導を受けながら、慣れない手つきで苗を植え付けていました。

 今回参加した生産者の方は、「昔は20~30人で今回のように手植えを行っていたので、そんな昔を思い出させるようなよい風景であった。後継者不足に悩む現在ではあるが、たくさんの若い人たちに農業をしてもらいたいと思う」と話していました。

                             

 秋には、京急グループ社員と秋田北鷹高校の生徒が一緒に収穫を行うほか、生徒も販売研修で参加し、収穫した「あきたecoらいす」の販売・PRを行う予定です。